FC2ブログ
きのみきのまま
ノーマルカレンダー

<< 12
2018
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

かねくいむし

Author:かねくいむし
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



ジャンル別

興味あるテーマをクリックして下さい。



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9番札所 法輪寺・第10番札所 切幡寺・第11番札所 藤井寺
法輪寺 816年に創建されたが、戦国時代に長曽我部氏の焼き討ちにあい焼失後、江戸時代・明治時代に再建された。
     豕戊シェ蟇コ莉∫視髢€_convert_20150414162722
      仁王門。平地にあるのでわかりやすい。
     豕戊シェ蟇コ譛ャ蝣・convert_20150414162812
     本堂。本尊は涅槃釈迦如来。
     
切幡寺  女人即身成仏の寺として信仰を集める寺。
      蛻・ケ。蟇コ莉∫視髢€_convert_20150414162903
      仁王門。この奥よりは山道が続くため夏期はつらいものがある。 
      蛻・ケ。蟇コ譛ャ蝣・convert_20150414162953
       本堂。本尊は千手観世音菩薩。   

藤井寺   815年の創建で2度の火災で焼失後、江戸時代末に再建された。ちなみに何故か臨済宗の寺だという。
        阯、莠募ッコ莉∫視髢€_convert_20150414163021
         仁王門。ここまでは意外と距離があり、到着は閉山30分前だった。 
        阯、莠募ッコ譛ャ蝣・convert_20150414163054
        本堂。本尊は薬師如来。奥には第12番の焼山寺に通じる山道がある。         


スポンサーサイト
第7番札所 十楽寺・第8番札所 熊谷寺
   十楽寺 元は別の地にあったが天正時代の焼失後に江戸時代初期に現在地に再建され、明治時代に
 現在の規模になった。

      蜊∵・ス蟇コ螻ア髢€_convert_20150414152715
       山門。 明治以降に建てられたもののようだ。
      蜊∵・ス蟇コ譛ャ蝣・convert_20150414152758
       本堂。本尊は阿弥陀如来。
      蜊∵・ス蟇コ蝨ー阡オ鄒、_convert_20150414152917
      境内にある地蔵群。

熊谷寺 816年の創建。夏期は紫陽花が咲き誇る。
       辭願ーキ蟇コ莉∫視髢€_convert_20150414152948
        仁王門。1678年の創建
       辭願ーキ蟇コ螟壼ョ晏。農convert_20150414153042
        参道から見える多宝塔。
       辭願ーキ蟇コ譛ャ蝣ゑシ胆convert_20150414153123
         本堂。本尊は千住観世音菩薩。現在の本堂は1927年に焼失後、1971年に再建された。(そのようには
       感じないのだが・・・)


第5番札所 地蔵寺・第6番札所 安楽寺
     地蔵寺。821年に弘法大師が嵯峨帝の勅命により開基。
     地蔵寺山門
         地蔵寺仁王門
     地蔵寺本堂
         地蔵寺本堂。(本尊 延命地蔵菩薩)
     地蔵寺大師堂
         大師堂と銀杏木。

   安楽寺。811年に弘法大師が開基。戦国時代に長曽我部氏の兵火で焼失したが、江戸後期に現在地に再建された。
     安楽寺山門
         安楽寺仁王門 
     安楽寺本堂
   多宝塔と本堂。現在の本堂は1955年に焼失後、1965年に再建された。多宝塔は最近のもの
と思われる。

     観音菩薩と鯉
        

     
    

第3番札所 金泉寺・第4番札所 大日寺
               金泉寺。天平年間に聖武帝の勅願により行基が金光明寺として開基。弘法大師により整備され金泉寺と改称。
         IMG_1076_convert_20140316211541.jpg
               金泉寺山門
         IMG_1077_convert_20140316211938.jpg
               金泉寺本堂 (本尊 釈迦如来)
         IMG_1075_convert_20140316212624.jpg
               多宝塔と梅林。多宝塔は最近のもののように見える

         IMG_1086_convert_20140316213634.jpg
               黄金地蔵堂。手前にあるのが寺名の由来となった黄金井戸
         IMG_1083_convert_20140316213035.jpg
 
         IMG_1084_convert_20140316213331.jpg

         IMG_1081_convert_20140316212224.jpg
              庭より見た多宝塔
         IMG_1089_convert_20140316214028.jpg
              大日寺につながる昔ながらのへんろ道

       大日寺。弘法大師がこの地で修業し、本尊を刻んで安置・開基した。

         IMG_1092_convert_20140316214337.jpg
              大日寺山門
         IMG_1093_convert_20140316214726.jpg
              大日寺本堂。大師堂と結ばれている。(本尊 大日如来)
         IMG_1095_convert_20140316215029.jpg




  
第1番札所 霊山寺・第2番札所 極楽寺
  霊山寺。四国遍路発願成就の祈願寺で815年に弘法大師(空海)が3週間修行した寺でもある。1番札所
 のため周辺には遍路用品店が多く、ここで身支度する人も多い。 

 
      IMG_1043_convert_20140315144747.jpg
         霊山寺 山門
  
      IMG_1037_convert_20140315145157.jpg
         本堂 (本尊・釈迦如来)

      IMG_1039_convert_20140315145531.jpg
        多宝塔

   極楽寺。  奈良時代に行基によって開基され、弘法大師が阿弥陀如来を安置した。
      IMG_1069_convert_20140315145938.jpg  
        極楽寺・山門
      IMG_1059_convert_20140315151248.jpg
      方丈近くにある弘法大師御手植の長命杉

      IMG_1054_convert_20140315150358.jpg
      大師堂より見た本堂(本尊 阿弥陀如来)


      IMG_1068_convert_20140315150827.jpg

      IMG_1070_convert_20140315151640.jpg
     参道脇に咲いていた椿。当寺の納経所には遍路用品と共に昼食のための弁当が購入できる。  
      
   




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。