FC2ブログ
きのみきのまま
ノーマルカレンダー

<< 10
2018
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

かねくいむし

Author:かねくいむし
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



ジャンル別

興味あるテーマをクリックして下さい。



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松江・塩見縄手1  小泉八雲旧居
     松江城の裏手にあるこの地域は松江藩中級武士の屋敷が立ち並んでいた。この近くに住んでいた
    塩見小兵衛にちなんで、「塩見縄手」と呼ばれている。「縄手」とは縄のようにのびたひとすじの道のこと。

  小泉八雲旧居5

小泉八雲旧居3
 
         小泉八雲旧居。かつては、中級武士・根岸氏の屋敷であったが、明治期に当時の当主と小泉八雲が
    知り合いであったので八雲の懇願で貸していたという。隣には八雲資料館がある。

小泉八雲旧居4

           入口。現在は3部屋のみ公開されている。
小泉八雲旧居1

           八雲の居間(手前)と書斎(奥)。書斎には近眼であった彼が特注で作らせた机がある。(複製で実物は
     資料館に展示されている。)書斎の右隣にはセツ夫人の部屋がある。彼女は出雲大社宮司の千家氏の
     親戚筋である。

小泉八雲旧居2

          八雲がこの居を懇願した最大の理由はこの庭があったからだという。しかし、彼がここに住んでいたのは
    ほんの1年程だったとか。

  小泉八雲旧居6
   


 

     
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://muchan66.blog108.fc2.com/tb.php/64-113ea7d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。